上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
出逢わなければよかったねと冗談でもどうして言えただろう?
君のその優しさに気づきもしないで 何を見てたのだろう・・・


失って気づくこと。
どれだけ大切だったか・・・離れた今、すごく分かる。
今更気づいても遅いのに。

親に言いたいことも言えない弱い私を、意気地なしの私を、大人になれない私を・・・そっと見守ってきてくれた。
友達優先の私を、笑いながら許してくれた。


それが当たり前になってしまってたってことに、今更気づいた。
当然のようにずっと甘えてきてた。
どれだけ我慢させてたことか。
どれだけ辛い思いをさせてたことか。

わがままで、強がりで、かといえばすっごく泣き虫な寂しがりやの私を・・・嫌な顔ひとつしないで支えてきてくれたのに・・・

カタチじゃない、だけど目に見えるような大切なもの、いっぱいいっぱいもらった。私は何もしてあげられなかったのに・・・。


出逢いがあれば別れもある・・・それがどんなかたちであろうと、避けられないことなのは仕方のないことだけれど。
こんな形で終わるなんて思ってもみなかった。

―私がかわらない限り、もうもとには戻れない―

これで良かったんだって思いたくても、思えな
スポンサーサイト
2007.05.06 Sun l ひとりごと。 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://bonheur4.blog74.fc2.com/tb.php/17-d304d3e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。